お金を借りる豆知識 TOP » お金を借りるために » お金を借りることが出来る人とできない人

お金を借りることが出来る人とできない人

悩む女性お金は誰でも借りることが出来るわけではありません。
 
お金を借りることが出来る人とは、その借り入れを返済する能力がある人に限られています。
 
そのため、毎月一定額の収入があることをお金を借りる条件としている金融業者が多くなっています。
パートやアルバイトでも、毎月一定額の収入があれば、借り入れをする事は可能となる場合がほとんどです。
 
専業主婦であっても、借り入れをする事は可能です。
旦那様が働いており、旦那様の給料が安定していれば、お金を借りることができる場合もあります。
 
ですが、安定した給料であっても、借り入れをする事が出来ない人もいます。
 
そのような人の場合、過去の借り入れに対し、債務整理を行ったことがある人や、現在他社からの借り入れが多い場合や、返済に滞りが生じて居る場合など、借り入れをすることが出来ません。
 
どんなに収入が多くても、そのような場合には、金融業者から断られてしまいますので注意しましょう。
 
金融業者によっては、20歳からであれば、借り入れが可能としているような借り入れ業者もあれば、18歳以上であれば、借り入れ可能としているような金融業者もあります。
金融業者によっても、借り入れが可能である人と、借り入れが出来ない人の審査基準に違いがありますから、借り入れをする場合には、自分に合った金融業者を探すようにしましょう。
 
複数社から断れてしまうと、断られた履歴も個人信用情報に残ってしまいますから気を付けましょう。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ