お金を借りる豆知識 TOP » お金を借りるために » お金を借りるために必要な書類

お金を借りるために必要な書類

p-24お金を借りるためには、金融業者に出向くときや、契約をする時に、必要な書類があります。
 
ほとんどの金融業者の契約に必要となるのが、身分証明書です。
免許書や住民票、保険証などの身分が証明できる物がなければ契約をする事ができません。
 
金融業者によっては、印鑑が必要となる場合もありますし、外国の人がお金を借りる場合には、在留カードや特別永住者証明書などが必要となります。
借り入れ限度額を高くしたい場合には、源泉徴収や給与明細など、所得を証明できる、最新の物を用意しなければいけません。
給与明細は2か月分を用意し、毎月一定額以上の収入があるという事を証明することが必要となります。
50万円以上の借り入れを希望する場合には、所得証明を準備してから契約を進めるようにしましょう。
 
店舗でお金を借りる場合には、事前に上記の書類などを用意してから、出向くと、すぐに申し込みが完了となるのですが、ネットや電話、郵送により、借り入れの手続きをする場合には、メールにて、必要書類をデータ化して送る方法や、郵送により、必要書類を送る手続きなどを行う事が必要となり、その書類が確認できないと、申し込みが完了しませんから、借り入れをする事ができません。
中には、ネットから申し込みをし、そのまま無人契約機などに出向き、必要書類を提出することができるような場合もありますから、即日融資を希望する場合には、必要書類を準備した上で契約を進めると良いでしょう。


このページの先頭へ