お金を借りる豆知識 TOP » 上手な借り入れとは » お金を借りる時に多いトラブルとは

お金を借りる時に多いトラブルとは

注意お金を借りる時に多いトラブルとしては、違法ではない金利であったとしても、多額の借り入れをしてしまったために、中々元本が減らず、借り入れが完済しないという事です。
 
毎月一定額の返済をしている場合、元金も減っているであろうと考える人も多いのですが、金利以上の金額を毎月返済していかないと、借り入れ額は減るどころか、逆に増えてしまう事もあるでしょう。
法外な金利ではなくても、借り入れ額が多いと、そのようなトラブルが起きてしまう場合もありますから、注意しましょう。
 
その他のトラブルとしては、お金を借りる時に行う審査にクリアにならないという人もいます。
他社から現在借り入れをしていない場合でも、過去の記録によって、借り入れが出来ない状態である人もいます。
お金を用立てたいのにも関わらず、どこからも借り入れをする事ができないと、闇金に手をだしてしまう人もいるのです。
 
家族や親せきからお金を借りる時には、必ず借用書を作成しましょう。
いくらの借り入れをしたのか、いつまでに返済するのか、毎月払いとするのであれば、毎月いくら支払いをするのかなどを明確にした上で、お金を借りないと、後々トラブルとなってしまう可能性が高くなりますので、注意しましょう。
 
お金を借りるという事は、必ずしもトラブルに発展するわけではありません。
お金を借りる相手をしっかりと見極める事、そして、必ず返済をするという気持ちを持つことや、計画性を持つことで、お金を借りる時のトラブルは回避することが出来るでしょう。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ