ブラックな人がお金を借りる

ブラックな人とは、個人信用情報という、個人の借り入れ情報に悪い情報が載っている人の事を呼びます。
 
悪い記載となるのが、現在までの借り入れ額が非常に多くなってしまっている場合や、借り入れの返済に滞りが生じた過去がある場合、返済が滞っている借り入れが現在ある場合にも、ブラックな情報として記載されてしまいます。
住宅ローンなど、お金を借りる額が大きい場合には、公共料金や、電話代の延滞記録までも、ブラックな情報として扱われてしまう場合があります。
 
ブラックな情報として確実にお金を借りることが拒否されてしまう内容としては、債務整理を行った過去がある場合です。
特に自己破産を行ったことがある人の場合、銀行からのお金を借りることは非常に難しく、社会的信用を失ってしまっている状態となります。
一度ブラックな情報として、記載されてしまっても、数年間経過すると、その情報は効力を失います。
自己破産をした場合には、7年程度、ブラックな情報として残ってしまいますので、気を付けましょう。
 
個人信用情報に、ブラックな情報が記載されていないかどうか、自分自身で確かめる方法もあります。
手数料として、若干お金がかかりますが、CICという個人信用情報の開示をしてくれる機関へ依頼すると、自分自身の個人信用情報をチェックすることができます。
 
お金を借りる場合、ブラックな情報があると、借り入れをする事ができませんから、事前に自分自身で個人信用情報を確かめてみるのも良いでしょう。


このページの先頭へ