お金を借りる豆知識 TOP » 借り入れに失敗しないために » 債務整理をする方法について

債務整理をする方法について

相談するお金を借りることは簡単ですが、返済をするためには、毎月返済のためにお金を用意しなければいけませんから、容易ではありません。
 
借りたお金を返済することが出来なくなってしまい、生活することすらままならなくなってしまった場合には、新たにお金を借りるのではなく、債務整理を検討してみましょう。
 
債務整理とは、弁護士や司法書士を挟んで、今後の借り入れに対し、金融業者と相談をする方法です。
裁判所を通さないで、双方の話し合いにより、金利の変更や、返済額の変更などを行う、任意整理や、裁判所を通じて、任意整理を同じことを行う、特定調停の他に、借り入れ額を3年程度で完済できる額に減額してもらう、民事再生、自分の所有する財産などを全て放棄し、借り入れを帳消しにする、自己破産などがあります。
 
任意整理以外は全て、裁判所を通して手続きを進めなければいけません。
一度でも債務整理を行ってしまうと、今後、債務整理を行うことは非常に難しくなってしまいますし、今後数年間は、新たにお金を借りることはできません。
社会的信用を失ってしまい、金融業者などで働くことが出来なくなってしまう場合もあります。
 
債務整理をしなければいけない程、借り入れ額が膨らんでしまった場合には、なぜそこまでお金を借りることになってしまったのかを自分に問いただし、原因を追究した上で、同じことは繰り返さないように心掛け、今後は借り入れに頼らない生活を送らなければいけません。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ