担保が必要な借り入れとは

書類のイラストお金を借りる場合には、担保が必要となる借り入れと、担保や保証人がなくてもお金を借りることができる商品に、分かれています。
 
担保が必要な借り入れは、有担保と呼ばれており、貸付の額が大きい程、担保が必要になってきます。
住宅ローンの場合には、住宅ローンの申し込みをすると、ほとんどの場合が、有担保となっており、住宅ローンの返済が出来なくなってしまった時には、担保に入っている物件を売却し、住宅ローンを返済しなければいけません。
 
有担保と呼ばれるお金を借りる商品の方が、金利が安く設定されることが多くなっています。
自動車のローンとなる、マイカーローンの場合には、借り入れする場所によって、無担保ローンになるのか、有担保ローンになるのかに違いがあります。
無担保ローンの方が手続きが簡単となりますが、その分、金利が高くなってしまいますから、どちらを選ぶかは、金融業者と相談をして決めると良いでしょう。
 
教育ローンの場合には、担保となる物を対象としていないため、ほとんどの場合が無担保ローンとなります。
教育ローン自体が、住宅ローン程の大きな金額とならないため、無担保ローンとなっているのです。
カードローンや、キャッシングも無担保ローンとなっています。
 
お金を借りる時、担保が付いている方が安心に感じる人も多いのですが、担保を利用するという事は、借り入れが返済できなくなってしまうという事を意味していますから、必ず返済できる額での借り入れとしましょう。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ