貸付の種類について

お金を借りる場合には、使用用途に応じて様々な金融商品の種類があります。
 
銀行からの借り入れには、住宅ローンや、教育ローン、車のローンやフリーローンの他に、カードローンなども銀行からお金を借りる方法となります。
 
消費者金融の場合には、カードローンやキャッシングの取り扱いを主に行っていますし、信販系の会社の場合には、クレジットカードの付加機能として、キャッシングの取り扱いをしています。
お金を借りる場合、使用用途に合わせて、商品の選定や、銀行にするか、消費者金融にするかなどを検討することと思います。
銀行という名前だけで、一括りにしてしまうのではなく、銀行毎に違う金利や、様々なサービスなどを視野に入れ、様々な商品を選定する必要があります。
 
住宅ローンの契約をする場合には、銀行のATM手数料がいつでも無料になったり、特定のショッピングセンターであれば、いつでも割引を受けることができるようなサービスを取り入れている場合もありますし、住宅ローンの契約をしていると、カードローンの金利が優遇され、非常に低い金利で借り入れをすることが出来る場合もあります。
いつでも住宅ローンや教育ローンの金利優遇を受けることができるような銀行もあれば、無利息期間を設けているカードローンの取り扱いをしている消費者金融もあります。
 
お金を借りる場合には、使用用途に合わせ、自分にとって、一番お得となる商品やサービスを取り扱っている金融業者で契約をする事が非常に大切となります。


このページの先頭へ